MENU

敏感肌のあなたのために スキンケアの化粧品で気を付けること

敏感肌のあなたが毎日のスキンケアを安心して行うために、化粧品で気を付けることについてお話します。
敏感肌だからといってお肌に何もつけないわけにはいかないですよね。

 

でも何をどうやってつけたらいいのか、
お肌がひりひりしたり、ぶつぶつと赤くなっていると、化粧品をつけるのはとても慎重になります。

 

不安になりがちな化粧品選びで敏感肌のあなたが気を付けるとよいことを全般的にまとめてみました。
一つひとつの基礎化粧品については後ほどお話ししていきます。

 

◎とにかく刺激の少ないものを選びましょう。
お肌は表面のバリアを失い傷つきやすくなっている状態ですから、
直接つける化粧品はとくかく刺激の少ないものを選びましょう。

 

まずどのようなものがお肌に刺激になるかというと、化粧品に入っている保存料や防腐剤です。
化粧品は開封すると空気に触れ指などについた雑菌によって菌が繁殖しやすくなります。
それを防ぐために保存料や防腐剤が使われています。
代表的なものは、メチル、ブチル、プロビル、エチルパラベン、フェノキシエタノールなどです。

 

次に、洗顔料に入っている泡立ちをよくするための成分もお肌に刺激になります。

 

一般には「合成界面活性剤」と呼ばれるもので、
水分と油分が分離しないよう、商品を安定させるため入っているものです。

 

ただ肌に残ることが多く、洗い流しても残ったものがどんどんと肌の奥へ入ってしまいます。

 

さらに、見た目を良くする合成着色料も刺激になる場合があります。
表示としては“FD&C”や“D&C”と書かれていて、
製品を美しく見せるために使われるのですが、お肌には負担になる場合があります。

 

最後に、これも使用感を高めるために入っている合成香料です。
表示ではただ「香料」とのみ書かれてあることが多くあり、
どんな化学物質が入っているかを知ることはできません。

 

天然の香料(アロマエッセンス)でも直接お肌につけることはありません。
香料は最もアレルギーを起こしやすいと言われていますので、注意するとよいでしょう。

 

◎自分に合わない成分を知りましょう。
スキンケアの基礎化粧品や、メイク用品、整髪料や日焼け止めなど、
敏感肌の人は自分にあったものを探してこれまでいろんな化粧品を試してきたことでしょう。

 

ここでお話しした刺激になる成分は身近にあって、毎日使う製品に含まれています。
使ってすぐトラブルが起きるということはまれですが、
使い続けるうちにお肌の調子がおかしいと思うこともしばしば。

 

そのようなときは使用した化粧品に含まれている成分を自分でメモしておいて、次に購入するときの参考にしましょう。

 

またひどい場合はあなたのメモをもって皮膚科の先生に相談するとよいでしょう。