MENU

敏感肌のためのスキンケア 素肌の回復を助けるお手入れとは @お肌の洗浄

敏感肌の毎日のスキンケアではどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。
ここでは素肌への一連のお手入れと、どのような化粧品を使ったらよいのかをお話ししていきます。

 

◎クレンジング 
乾燥があまりにもひどく肌荒れのときはメイクをちょっと我慢するほうがよいでしょう。
肌荒れのひどい所を除きクレンジングをします。
ごしごしお顔をこすらず、お顔を包むように優しくメイクを落としましょう。

 

メイクを落とすためのクレンジング剤は洗浄力が強く敏感肌のお肌には刺激が強い過ぎることがあります。
クリームタイプのものがお勧めです。

 

ショートタイプ(拭き取り)オイルタイプや油性ジェルは強めのメイクを落とすものですので、
使い続けるとますます乾燥し敏感肌や肌荒れを起こしやすくなります。

 

敏感肌のあなたによいのは、クリームタイプに加え、水生ジェル、乳液タイプです。

 

◎洗顔料

 

洗顔をする時は皮脂の分泌のあるTゾーンから頬、目元の順番で優しくくるくる転がすように洗います。
泡で洗うイメージですが、泡をお顔にのせている時間が長くならないようにしましょう。
洗顔の時間も短めを意識して。

 

洗う水は、ぬるま湯よりもさらに低い温度にして洗います。

 

こすり洗いや化繊やブラシはつかわないようにします。

 

洗顔料は泡立ちがよく泡キレのよいものを選びます。
微アルカリ性タイプがおすすめです。

 

弱酸性洗顔料はしっとりする成分が入っているので選びがちなのですが、
すすぎの時にぬるぬる感が取れず洗いすぎてしまう傾向があります。

 

固形石鹸は避け、お肌のあれがひどい時は素洗いしましょう。

敏感肌のためのスキンケア 素肌の回復を助けるお手入れとは @お肌の保湿

続いて敏感肌のための保湿のお手入れについてです。またどのような化粧品を選んだらよいのでしょうか。

 

◎化粧水 
化粧水はしみるときはつけないようにします。
しみるのは刺激が強すぎるというお肌からのサインです。
しみないで化粧水が付けられるようなら、一度につけず少量ずつ繰り返し何回か手で付けていきます。

 

コットンはどうしてもお肌を叩いてしまうのでお肌の刺激になることがあります。
肌荒れがあって乾燥がひどくすこししみる部分には、
まず保湿の美容液(セラミドなど角質を保水し保湿する成分の入ったもの)をお肌になじませてから、化粧を付ける手もありますよ。

 

化粧品がしみて使えない時は、つけてもしみないクリームを塗ってお肌を保護します。

 

敏感肌のあなたによい化粧水とは、何といってもしみないものを選ぶこと。
アルコールの入らないものを選びます。

 

使用感はさらさらした感じで、保水力のあるもの。

 

 

敏感肌のお肌にとって化粧水選びはとても大切です。
自分のお肌に合うものを根気強く探しましょう。

 

見つかったら一生もの!あなたのお肌を内側から守ってくれる強い味方になります。

 

◎乳液とクリーム
乳液とクリームはお肌の一番表面に油分のバリアを作りお肌を守るためにあります。

 

お肌が本来持っている回復力を取り戻してあげるためには、乳液・クリームを必要なときのみ塗るようにします。

 

敏感肌のケアの多くが乳液よりもクリームを少し塗ることをすすめています。

 

また化粧水がしみて使えなかった場合は、お肌を保護するバリアを作ってあげるためにスクワランやワセリンなど、
肌をうるおわせ栄養を与えるものを選びます。

 

また角質を守る保湿成分の入ったクリームを少量使うようにします。

 

ワセリンやクリームの塗り方は、手のひらの中であためて伸ばしてから、手でお顔を包み、優しくお肌に押してつけていきます。

 

◎美容液を活用して保湿対策!
美容液は敏感肌のお肌にとって保湿をしてくれるお薬みたいもの。上手に活用しましょう。

 

敏感肌でも安心して使える美容液としては、水分保持成分であるヒアルロン酸が配合されているものや、
角質をうるおす成分(NMFやセラミド)が配合されたもの。

 

敏感肌はお肌のバリア機能がよい状態ですから、美容液も低刺激でオイルフリーを選びます。

 

皮膚の再生を助け炎症をさえる作用のある保湿クリームを使うとよいでしょう。

やっぱりしたい!敏感肌のあなたのためのメイク

外出時などのメイク、どのようにしていますか?

 

お肌がひどく荒れているときを除いてメイクをすることは実は悪いことではありません。
やっぱりメイクってしたいですよね。

 

メイクの効果は精神的にも大切。
気持ちを前向きにしてくれます。

 

また外はほこりや花粉、アレルゲンとなる物質が飛んでいたり、紫外線も降り注いでいます。
これらが肌につくとますます刺激になってしまいます。

 

ですからノーメイクでの外出もお肌に負担をかけてしまうのです。
敏感肌のメイクは、お肌を守るためのメイクです。

 

紫外線予防のための日焼け止めはお肌にとってはとても大切ですが、敏感肌ではその成分に気を付けましょう。

 

日焼け止めは「紫外線散乱剤」を使用したものを選びます。

 

一方「紫外線吸収剤」の入ったものは避けます。
お肌への刺激が強すぎるのです。

 

肌荒れがひどい時はなるべく使わないようにします。
ファンデーションでカバーしていきます。

 

ならばファンデーションは何を使ったらいいのでしょうか。
パウダー(粉おしろい)やパウダリーファンデーションがおすすめです。
UVカットの紫外線錯乱剤の配合されたパウダーを使ってもよいでしょう。

 

パウダータイプのファンデーションはお肌が乾燥しがちです。
保湿を十分にしてからファンデーションを塗るようにします。

 

最近のファンデーションはお肌にやさしいものが多く、美容成分や保湿成分の入ったものがあります。

 

避けたいのは、リキッドタイプやウォータープルーフのものです。

 

これらはお肌にしみこみすぎて、お肌の負担になりがちです。

 

またメイクを落とす時のお肌の負担を考えると、その刺激が気になります。

 

自分のお肌の調子を見ながら調整していきましょう。

 

上手にファンデーションを使って敏感肌のお肌を守りながらきれいなお肌を作っていきましょう。